テニスのダブルスの楽しみ方、役に立つ情報を提供します

  1. テニスダブルスのショット
  2. 24 view

テニスのロブ対策、ロブしか打たない嫌な相手に対する対処法を学びましょう

ときどき、ロブばっかり上げている人がいます。
そのほとんどをロブで返す。それも超絶高いロブです。
いえば、すべてがスマッシュチャンスなのですが、
しょせんは素人、そんな100%決めれるわけがありません。

そもそも我々はプロではないので、テニスに人生をかけていないので、きっちりスマッシュ練習していないわけです。
スマッシュは、もちろん練習経験あります。しかし、サーブほど練習はしないはずです。
ゲームになったら理論上サーブは絶対打ちますが、スマッシュは打たなくても試合はできます。

ロブばっかり上げる人は、ここにつけこんでいるわけです。
いわば、究極のミス待ち戦法です。

今回は、誰もが悩むロブ対策です。

うつな、つなげ

まず、打ち込むのが苦手であれば、無理から強打をねらうのはやめましょう。
そこでミスしたら即相手のポイントになります。相手はそれをねらっていますので、それは避けないといけません。
その場合は、とりあえず、返すことを優先します。
ただ、ロブなのでこちらにも余裕があるはずです。

できるだけ相手の嫌がるところに返しましょう。
ゆるく返しながらもコースをつき、相手を走らせることを心がけてもいいかもしれません。
また、相手のバック側などの苦手としているところに返球するのもよいです。

ハイボレー

ボレーを上げられて、仮に自分の頭を超えてボールが後方にいったとしましょう。
パートナーがそれをカバーしてくれればまだよいですが、
仮に自分がそれを取りに行く羽目になったらもう、それだけで圧倒的に不利な状況になります。

つまり、自分の後ろにボールを行かせてしまったらだめなのです。

それをふせぐには、なんとか自分のところで処理したいところです。
スマッシュできればそれにこしたことはありませんが、
それは苦手不得意な方は、ハイボレーがおすすめです。
上で取ると言ってもひっぱたくようなものではなく、上で軽くボールにさわり、
後方に生かせず、早いタイミングで相手コートに返しておくのが目的です。

緩いボールでもいいので、ハイボレーで一旦はつないでおき、こちも体制をととのえます。

相手もロブでぬけたとおもったのが、予想より早く返ってきて対応に慌てるかもしれません。
そうなれば、こちらのチャンスです。

スマッシュ

そうはいってもスマッシュで、決めたら一番いいわけです。
最初にバシーンとスマッシュを、超鋭角に決めたら、相手もビビり、一気にロブを上げにくくなるでしょう。

スマッシュは、原理的にサーブを変わりないので、やはり練習あるのみです。
サーブとの違いは決まったトスを打つのではなく、変幻自在な軌跡のボールをうちこまないといけないということです。
上から落ちてくるボールを打つのはコツがいります。
落ちてくるのにあわせてラケットを振り、きちんと当てないといけません。
正直コレはなれるしかありません。なるべく数多く練習しましょう。
ストロークの練習をやったらかならずスマッシュ練習も組み入れましょう。相手に種々のパターンで球出しをしてもらって、
打ち込んでいきましょう。

上からのショットがどーしてもだめということであれば、ドライブボレーなどがおすすめです。
こちらが得意であればチャレンジしてみてください。

まとめ

相手のロブに対する対策を説明しました。
上からのショットが苦手な人にとってはロブは非常に嫌なショットですが、
事前に対応策を用意しておき、冷静に対処すれば、すくなくともこちらが不利になることはないはずです。
あせらず、上手に対処しましょう。

テニスダブルスのショットの最近記事

  1. テニスダブルス、リターンのコツや意識、フラットサーブに対しての対処方法を説明

  2. テニスダブルス、ボレーの基本、コツを解説、インパクトが重要、ブロックするように打つ

  3. テニスダブルス、リターンの心構え、前衛のストレートを攻める、相手に意識させる

  4. テニスダブルス、リターンの基本、コース、どこに打つべきかの考え方、意識を説明

  5. テニスダブルス、ファーストサーブのおすすめの打ち方は?安定性や成功率を高めるためには?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP