テニスのダブルスの楽しみ方、役に立つ情報を提供します

  1. テニスダブルス
  2. 3 view

テニスダブルス、サーブの基本、安定したサーブのためにはトスが重要、ルールも確認

サーブ、サービスともいいますが、これは超重要なショットといえます。
なぜなら理論上このショットは必ず打たないといけないからです。
そして、これを失敗すると失点となります。
しかし、このショット利点はテニスのショットのなかで、完全に自分のペースで打てる
唯一のショットです。
今回は、サーブの基本についてお話します。

サーブの基本、最も重要なのは最初の動作

サーブですが、この動作からテニスはゲームが開始されます。
他のショットは、すべて相手からのボールを打つ、ということになりますが、
サーブは、自分から打っていくショットです。
テニスのショットの中で最も特殊なショットといっていいでしょう。

サーブは、いくつかの動作から構成されますが、このなかで最も大切なことというのは
なんだと思いますか?

答えはトスです。

テニスの最初のショットで最も大事なものは最初の動作です。
トスが安定すれば、それはサーブ自体が安定し、いいサーブを打つことができます。

プロがいいサーブを打てる、常に安定したサーブを打てるのは、いいトスをあげているから、とも言えるのです。

我々一般プレーヤは、トスが定していません。簡単に言うとトスが下手なのです。
でもそれはなぜか。練習していないからです。
サーブの練習の前にトスを打つ動作以上に何回も練習すべきです。
そして思い通りの位置に同じタイミングで上げられるようになるまで何回もです。

サーブの位置、シングルスとダブルスは違う、狙う位置によっても立ち位置は変える

サーブの立ち位置も考慮すべき事の1つです。
通常シングルスであれば、センターラインから一歩程度の位置にたちます。
が、ダブルスはサイドラインから少し内側の位置に立つのが普通です。

そして、たとえば、バック側を狙いたい場合、その標準位置よりバック側に陣取りましょう。そうすると、相手のバックが狙いやすくなります。

サーブのルールを確認しよう、空振りはフォルト

サーブの位置は、ベースラインの外側です。ラインを踏んでもいけません。
ジャンプして空中でうち、打ったあとに内側に着地するのはOKです。
プロは少しでも有利に打つために、トスをできるだけ内側にあげて、ジャンプし前で打ちます。

また、空振りはフォルトとなります。空振りなんかするの?と思うかもしれませんが、
私はあります。w

また、動作を途中でやめるのはセーフです。何回でもやりなおしはOKです。
ただ、試合にもよりますが、一定時間以内に打たないと、相手のポイントになるようなルールを設けている場合が多いです。

まとめ

サーブの基本的なことを、説明しました。
サーブは初心者にとっては敷居が高い難しいショットになっていますが、
自分のペースで打てるショットなので、慣れてコツをつかむと、サーブを打つのが楽しくなってきます。
サーブを打たずにゲームはできないので、重点的に必ず練習しておきましょう。

テニスダブルスの最近記事

  1. テニスダブルス、リターンのコツや意識、フラットサーブに対しての対処方法を説明

  2. テニスダブルス、ボレーの種類、決めのボレーとつなぎのボレーの打ち方とイメージを解説

  3. テニスダブルス、ボレーの基本、コツを解説、インパクトが重要、ブロックするように打つ

  4. テニスダブルス、リターンの心構え、前衛のストレートを攻める、相手に意識させる

  5. テニスダブルス、リターンの基本、コース、どこに打つべきかの考え方、意識を説明

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP