テニスのダブルスの楽しみ方、役に立つ情報を提供します

  1. テニスダブルスのショット
  2. 6 view

テニスダブルス:サーブの3つの種類、フラット、スライス、スピンの違いを押さよう

テニスのサーブには、いくつか種類があります。
アンダーサーブとか、リバースとか超マイナーなものをいれたりすると、
種類も増えてしまいますが、

とりあえず、一般的には、以下の3種類といわれています。
・フラットサーブ
・スライスサーブ
・スピンサーブ

今回はこれらについて説明します。

フラットサーブ

回転を考えずに強く打つサーブです。
実際には多少の回転はかかっているようで、
正確には最も回転の少ないサーブということができます。

野球でいうと直球、ストレートです。
速いストレートでグイグイ押すタイプのピッチャーは剛速球投手などと
呼ばれますが、
フラットサーブが早く、サーブでエースを取るタイプの選手を
ビッグサーバなどと呼ばれます。

フラットサーブは、大抵の場合、ファーストサーブに打ってくる人が多いです。
このような場合、フラットサーブは、あまりサービスエリアに入る確率がよくありません。

ファーストサーブをフラットで思いっきり打ってくる人も多いですが、
ネットにかけたりして失敗することがほとんどです。

入ればラッキーですが、もう少し、確率を考えてフラットサーブをうてると
戦術的にも多様性が増すでしょう。

スライスサーブ

スライス回転という横回転をかけたサーブです。
カーブやスライダーのようなイメージです。
ファースト、セカンドどちらにも使って良いサーブです。

フラットよりはスピードは劣りますが、
後述のスピンサーブよりは速く、
よいスライスは、回転がかかりバウンドしてから切れるように曲がっていきます。

ボールの右半分をカットするように打つと、
キレのいいスライスサーブが打てます。

スピードと回転のバランスがよいサーブと言えます。

スピンサーブ

縦回転し、相手のバック側に跳ねるような動きをします。
スピードこそないものの、キレたスピンは、バック側に高く弾みます。
こうなると、初心者にはとることがむつかしく、
それだけでエースになることもあります。

ただし難易度は高く、下半身や体幹をフルにつかって
打たないとスピンはかかりません。
打点も注意が必要で、左側、というより、
イメージは背中からボールを持ってくるように
打つ必要があります。

それゆえ、女子で打つ人はあまりみかけません。

回転がかかっているため、弾道は直線でなく、山なりの軌道を描きます。
ネットの上方をとおすため、入る確率が高く、
セカンドサーブに多用されることが多いです。
これをマスターしていると、ファーストサーブにリスクをとった行動も可能となり、
サーブ自体が安定してきます。

セカンドサーブに必ず入るサーブを持っていることは大きく、
プロは例外なくマスターしていて、それゆえ彼らはダブルフォルトが少ないのです。

まとめ

3種類のサーブについて説明しました。
他にも、回転の種類によって、トップスライスとかキックサーブとかありますが、
とりあえず、上記の3種類をおさえておけば、十分かと思われます。

できれば3種類マスターするのがよいのですが、
不あっとの他に、回転系のサーブを1種類だけでも覚えておくと、
テニスの幅がぐんと広がります。

テニスダブルスのショットの最近記事

  1. テニスダブルス、リターンのコツや意識、フラットサーブに対しての対処方法を説明

  2. テニスダブルス、ボレーの基本、コツを解説、インパクトが重要、ブロックするように打つ

  3. テニスダブルス、リターンの心構え、前衛のストレートを攻める、相手に意識させる

  4. テニスダブルス、リターンの基本、コース、どこに打つべきかの考え方、意識を説明

  5. テニスダブルス、ファーストサーブのおすすめの打ち方は?安定性や成功率を高めるためには?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP