テニスのダブルスの楽しみ方、役に立つ情報を提供します

  1. テニスダブルス
  2. 103 view

テニスダブルス、リターンのコツや意識、フラットサーブに対しての対処方法を説明

テニスダブルスのときのリターンについて述べます。
特に相手が速いフラットサーブを持っていたときの対処法についてです。

リターンのコツ、それは、
・リターンはストロークと思ったらだめで、ボレーを打つような感覚で打つ
・できるだけ動きを少なく、面を的確に作る
というのがポイントになります。

以下それについて説明します。

テニスダブルス、上級者のリターンは真似するな

レシーブの原則はいくつかあります。
上手い人のレシーブをみると、なんか普通のストロークみたいに打っている場合があります。
それも簡単にね。
これを見て、あ、なあんだ、と、レシーブはストロークなんだ、と思ってしまって、実際に打つと
うち遅れたりして失敗というケースをよく見ます。

このあたりは、まず考え方から入りましょう。

テニスダブルス、レシーブの意識は、ストロークよりボレー

レシーブは、ストロークと言うよりボレーです。
言い切ってしまうとまた語弊がありますが、これを説明します。

ストロークは自分から打っていくショットです。
そのため、バックスイングを開始し、的確に麺を作ってインパクト、その後もフォロースルーし、
となります。
ボレーは、打っていく、というより、合わせるショットです。相手のショットの威力を利用し、
ラケットの反発を利用して相手に返していきます。動きはなるべく少なくしたほうが安定性が増します。

でレシーブですが、どちらかというとボレーを打つ意識でうったほうがよいです。
とくに速いサーブに対しては、ボレー感覚のほうがうまくいきます。

テニスダブルス、フラットサーブのレシーブは、動きは少なく

相手がフラットサーブを打ってきた場合のことを考えてみます。
フラットサーブなので当然早いです。レシーブ側は時間がありません。
速く威力があるサーブを短い時間で一瞬で判断して、前衛に捕まらないようにコースを選んで返す必要があります。

リターンは相手のサーブに反応しないといけないので、いろいろ制限があります。
それを限られた短時間でやってのけないといけないのです。
正直、バックスイングする時間は無いといっていいでしょう。

すべては時間が足りないので、短時間でコンパクトにすることを心がけています。
またそのようにクイックに振る舞うためには、多くの経験と、それを支える鍛えられた筋力、ボディーが必要になってきます。

この動作はわれわれ一般プレーヤーには無理です。
少なくとも、すぐには習得でいません。

テニスダブルス、フラットサーブのレシーブは、まず返球

では、どうしたらよいか。

まず返球です。打ち返す、打っていくではなく、まず相手の返しておくくらいの意識でいきます。

リターンと言うからにはかならず相手に返す必要があります。
まずは、へろへろでもいいから、相手に返すことを心がけましょう。
返さないと即相手のポイントです。
相手はサーブを打っただけで自動で労せずポイントですから、これは避けましょう。

テニスダブルス、フラットサーブのレシーブは、面を作り相手の力を利用する

つぎに、こちらの動きをできるだけ少なくすることです。
リターンはなにせ時間がありません。
自分のペースでスキなように打つサーブに対応していかないといけません。
つまり、対応しなくていはいけないことがおおく、かつ時間がないので、
いろいろ動いている余裕はないのです。

なので、スイングするにも高速で行う必要がありますが、
しかし、最初からそんなことはできないです。

したがって、来たところに面だけ作って合わせて返す、事をまず覚えましょう。
フラットサーブであれば、あいての勢いを利用して返すことができるので
あとは、面の微調整で方向を変えることができます。

まとめ

テニスダブルスのリターンのコツをまとめました。
相手の速いサービスに対しては、短時間で処理することが求められます。
ただ、速さだけなら、慣れてしまえばけっこう大丈夫です。
気持ちで負けず、的確に決まっていることを行い、正確に相手に反し続けましょう。
返し続けることで、「私はサービスに負けていない」というメッセージを相手に送ることができ、
相手にプレッシャーを与えることができます。
リターンを得意なショットとして、ゲームを制しましょう。

テニスダブルスの最近記事

  1. テニスダブルス、リターンのコツや意識、フラットサーブに対しての対処方法を説明

  2. テニスダブルス、ボレーの種類、決めのボレーとつなぎのボレーの打ち方とイメージを解説

  3. テニスダブルス、ボレーの基本、コツを解説、インパクトが重要、ブロックするように打つ

  4. テニスダブルス、リターンの心構え、前衛のストレートを攻める、相手に意識させる

  5. テニスダブルス、リターンの基本、コース、どこに打つべきかの考え方、意識を説明

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP