テニスのダブルスの楽しみ方、役に立つ情報を提供します

  1. テニスダブルス
  2. 47 view

テニスダブルスのロブボレーとは?その打ち方、コツを解説、打つべき状況、シーンは?

ダブルスでは二人が前に詰めてプレーすることも多いと思います。
したがってボレーでハンドリングすることが多いです。
ボレーは通常ノーバウンドで撃ちますが、それ故直線的なショットが多いと思います。
しかし、状況によってはその展開からロブを打つと手も有効な場合があります。

そのときに役立つショットがロブボレーです。

ロブボレーその打ち方とコツ

ロブボレーとは、要はボレーのショットの形でロブを打つことです。
ロブというショットは、高い軌道のショットで、相手の上方、後方をねらって行くショットです。
通常ボレーは直線的な弾道になりやすいものですが、ロブボレーは相手の頭を越していくものです。

打ち方は、通常のボレーと変わりありません。腰を低くし、手だけでなく体を使って打つことを心がけます。
重要なのはラケットの面の作り方です。
ボレーは通常若干上向きに麺を作るものですが、目的はロブであり、より高い軌道を目指したいので、
面をもっと上向きに作る必要があります。

ただ、打つ前からめちゃめちゃ上向きにしてしまうと、バレバレですので、
なるべく打つ直前で上にするなどの工夫が必要です。
ロブを戦略的に打つ場合は、うつタイミングをさとられていはなりません。
なるべく秘密裏に行動しましょう。

相手のボールが速い場合には、面だけ作ってあわせてあげれば、あがります。
反発が強く飛び過ぎたり、高く上がりすぎることもあるので、うまく調整が必要です。

ゆるいボールに対しては、少し、押し上げてやる必要があります。
当てると同時に、ボールの下から方向と深さを考え、押上気味に打ってください。
この場合も手を動かしすぎると失敗するので、膝などをうまく使って押し上げられればベストです。

ロブボレー使い所とそのシーン、状況

では、このロブボレーは、どういうときに狙っていくべきなのでしょうか?

1つは、ボレボレーが続き、これから早い展開になるぞ、というとき、
ロブボレーをあげて、相手の陣形の頭を越すショットを上げられれば
とても有効です。
頭上を越し、相手を動かしたということだけで、こちらが有利になります。

また、相手がポーチに来たときです。ポーチのセオリーでは前衛の足元をねらいにきます。
こういうときは、相手の前衛はぼーるをつかまえることに100%注力していますので、
体勢が不安定なんことが大いです。

こちらも攻撃されピンチなのですが、相手も無傷ではしかけられませんので、それなりにスキはあるわけです。
そういうときに、ボレーでただ返してしまうと、次の攻撃にえじきになります。
ここで、ロブボレーで高い球で返球しましょう。

できれば、相手のポジションをねらって、相手の前衛が前にいた位置さらにその後方を狙っていければなおよいです。

相手の後ろに落とせれば、もうそれだけで流れは変わり、攻守逆転、こちらに攻撃権が移っています。
次に来るショットをありがたく捕まえにいきましょう。

まとめ

今回は、ロブボレー解説しました。
テニススクールなどで、コーチが生徒を前後に振り回す事があると思います。
生徒が前に詰めすぎたときに、ロブボレーでぽんと後ろに戻されることがあります。
たいていそういうときコーチはそんなことしないふりで、このショットを打ってきますので、
生徒は予想つかないことが多く、反応できません。

そういうふうに、無表情っぽく打てれば、相手を完全にあざむくことができ、
効果は抜群なんですけど、
なかなかそうはいかないですよね。
でもこのショットが手持ちにあると、選択肢がひろがり、こちらに余裕が生まれ
有利に展開することができます。
覚えておいて損のないショットだと思います。

テニスダブルスの最近記事

  1. テニスダブルス、リターンのコツや意識、フラットサーブに対しての対処方法を説明

  2. テニスダブルス、ボレーの種類、決めのボレーとつなぎのボレーの打ち方とイメージを解説

  3. テニスダブルス、ボレーの基本、コツを解説、インパクトが重要、ブロックするように打つ

  4. テニスダブルス、リターンの心構え、前衛のストレートを攻める、相手に意識させる

  5. テニスダブルス、リターンの基本、コース、どこに打つべきかの考え方、意識を説明

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP