テニスのダブルスの楽しみ方、役に立つ情報を提供します

  1. テニスダブルス
  2. 165 view

テニスダブルス、リターンの基本、コース、どこに打つべきかの考え方、意識を説明

テニスで、つきものなのは、サーブとともにリターンというショットです。
リターンとは、相手のサービスを返球するショットです。
ゲームで2回めに打つショットになります。
ほぼほぼ必ず打つことになりますので、重要なショットです。
今回は、ダブルスのリターンについて述べてみましょう。

テニスダブルスで、リターンはとても重要、最初は不利な状況

シングルスと違いダブルスのリターンには制限があります。
やはりそれは前衛のせいです。相手の前衛が。リターンのコースを制限しているのです。
ダブルスは、2VS2で戦います。
が、ボールを打つのは一人なのに対して、相手は2人で対峙し可能性を潰しているので、
2VS1の局面になっています。
最初のリターンのときはサーブによってさらに局面が限定され、
1人対2人の傾向が顕著な状況になっています。
いわば最初から不利な状況になっているということです。

ダブルスでリターンの選択肢、基本はクロスとストレート

リターンのコースはいくつかあります。
・クロスへのストローク
基本はクロス方向に返すことになります。サーブを打ってきたサーバー側への方向です。
ネットに詰めてきた場合とそうでない場合とでまた対処方法が違ったり、
また、同じクロス方向でも、センターよりとかよりワイドに打ったりとかがありますが。
この方向が基本ではあります。
・ストレート
前衛に向けて打つショットがこれです。前衛がポーチに動いてきた場合などは有効で、
ストレートに打てばエースになることがあります。
しかし、普通の状況の時にストレートに打ってしまうと、前衛につかまり、決められてしまいます。
通常は打ちませんが、いつでもここを狙うふりをみせておくと、前衛の動きの牽制になります。

リターンの基本はまずこの2種類ということになります。
左右のどちらにうつということが、まず最初に覚えておくべきことです。

ダブルスでリターンの選択肢、ロブとショートクロス

更に、次の選択肢もあります。
・ロブ
通常のストロークより高い軌道で、後方を狙うショットです。
クロス方向に打つ場合もありますが、ストレート方向に打つのが効果的です。
前衛がポーチに来て動いた時や、相手を動かしたいときにこれを使用します。
ロブはリターン以外でも使い所が多く、ダブルスなら必ずマスターしておきたいショットです。

・ショートクロス
クロス方向で、よりワイド方向に短く打つショットです。
相手のサーバ側の前方、前衛の隣を狙います。
この地点は相手の弱点となるケースが多く、状況に応じて積極的に狙っていって良いショットです。

この地点を狙うには、ドロップショットでも可能です。
ドロップショットの場合は相手を前におびき出す意味合いもあります。
相手の後衛が前に出てこなくて、ネットプレーが苦手そうな感があったら
打っていくべきです。
また、自分のストロークが強力で打つ気満々時に、ふと打つとより決まりやすいでしょう。

テニスダブルス、初級者はリターン側が有利な場合も 

初中級の場合はリターン側が有利な場合もあります。
サーブは基本有利なショットではあるのですが、習得に時間がかかり、
最初の頃はサーブにあまり威力がない傾向にあります。
初級者であれば特に、上系のサーブより、ストローク系のショットのほうが
習得しているケースがあり、
その時はリターン側が割と自由に打てる環境となります。

この場合はリターン側が有利で、むしろリターンキープくらいなマインドで臨んでいきましょう。

まとめ

リターンはサーバ側に押してこられるとどうしても苦しい場面になりがちです。
すこしでも選択肢を増やし相手を翻弄していきましょう。
こちらがさまざまなショットを打てると感じると、相手も対応に苦労し、
それぞれの動作を遅らせることになりますので
有利に試合を運べることにつながります。

テニスダブルスの最近記事

  1. テニスダブルス、リターンのコツや意識、フラットサーブに対しての対処方法を説明

  2. テニスダブルス、ボレーの種類、決めのボレーとつなぎのボレーの打ち方とイメージを解説

  3. テニスダブルス、ボレーの基本、コツを解説、インパクトが重要、ブロックするように打つ

  4. テニスダブルス、リターンの心構え、前衛のストレートを攻める、相手に意識させる

  5. テニスダブルス、リターンの基本、コース、どこに打つべきかの考え方、意識を説明

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP