テニスのダブルスの楽しみ方、役に立つ情報を提供します

  1. テニスダブルス
  2. 112 view

テニスダブルス、ボレーの種類、決めのボレーとつなぎのボレーの打ち方とイメージを解説

ボレーには2種類のボレーがあり、決めとつなぎにわかれます。
それぞれ使い所やショットの性格が異なりますので、ここで的確におさえておきましょう。

テニスダブルス、ボレーは重要、打つ機会が多い

テニスダブルスで、ボレーは打つ機会が多く、習得すべき重要な技術です。
ダブルスには前衛がいて、前衛のポジションは最初からネット際のポジションを取っています。
そのため前衛は、ボレーを打つ機会が格段に増えます。
回数が多いので、それだけ重要なショットであり、練習してマスターしておくべき技術だといえます。

テニスダブルス、ボレーには決めとつなぎがある

ボレーには、大きく分けて2種類のボレーがあります。
決めのボレーとつなぎのボレーです。
2つは違うショットといってもいいので、分けて習得したほうが良いです。
決めのボレーは攻撃のショットであり、つなぎは守備的ショットです。
きちんと意識して切り分けをしましょう

テニスダブルス、決めのボレー、力まずに厚い当たりで

決めの場合は、高いボールが来た場合です。胸以上頭くらいまでの高さに対応するショットです。
このくらいの高さは打ち頃なので、的確に決める必要があります。
しかし、一発必中みたいな心づもりでいると、力が入りすぎて失敗します。
したがって、7割位の力で相手の打ちにくいところを狙って打つ位の感覚のほうが、
かえってきまりやすいです。
このときも、必要以上のスイングは厳禁です。
上系のボールなのでラケットを上にセットして打っていくのですが、
手首を使って叩くようにしてしまうと失敗する確率が高くなります。
ラケットの面の角度は変えずに平行に滑らすように打つと的確に捉えられ、
よい当たりが得やすく、有効な球筋のショットが打てます。

テニスダブルス、つなぎのボレー、苦しいショットであるが有利

つなぎのボレーを打つ場合は、低い球筋のボールの処理に対してのものとなります。
高さは自分の腰から下で、ネットより低い位置で打たされているので、決めようにもきめられません。
必然的につなぐことになります。
つないでおいても、ボレーなので、こちらが有利です。
前方で打っているので、速いテンポで打つことができ、
相手を時間的に余裕がない状況に追い込めます。
また自分が少し角度をつけただけで、相手の振り回すことができます。

テニスダブルス、つなぎのボレー、耐えるショット、考えて打とう

しかし、こちらも低い位置で打っているために、甘いボールを返球してしまうと
逆に相手からの攻撃をうけてしまいます。
なので、高速でなくて良いので適切なスピードで、なるべくコースを突いていきましょう。
コントロールをして、相手をうごかしたり、相手の足元にバウンドさせるボールを打ったりと、
戦略的なショットを打っていきましょう。
この場合もスイングは不要です。ボールが来る位置にできるだけ早めにラケットをセットして、
角度を考え面を作って的確につないで打っていきましょう。

まとめ

ボレーの種類を説明しました。
ボレーには2種類あり、決めのボレーとつなぎのボレーの違いを解説しました。
ボレーというのは決めのボレーのみをイメージする方も少なからずおられるかもしれませんが、
テニスダブルスで重要なのはつなぎのボレーです。
そもそも決めのボレーはチャンスで打つべきもので、チャンスボールは早々発生しません。
打つ回数の多いのはつなぎのボレーです。そしてつなぎのボレーは守備のボレーであり、
耐える行為です。
耐えて頑張らないと、ゲームには勝てません。

テニスダブルスの最近記事

  1. テニスダブルス、リターンのコツや意識、フラットサーブに対しての対処方法を説明

  2. テニスダブルス、ボレーの種類、決めのボレーとつなぎのボレーの打ち方とイメージを解説

  3. テニスダブルス、ボレーの基本、コツを解説、インパクトが重要、ブロックするように打つ

  4. テニスダブルス、リターンの心構え、前衛のストレートを攻める、相手に意識させる

  5. テニスダブルス、リターンの基本、コース、どこに打つべきかの考え方、意識を説明

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP